看板効果を高める横断幕の使用方法とは

横断幕はイベントや店頭の看板効果があります。設置環境や用途に合わせて生地や加工を選び、視認性の高い横断幕をイベントにご活用ください。

看板効果を高める横断幕の使用方法とは

横断幕といえばスポーツ応援での使用がポピュラーですが、お店やイベントの看板効果もバツグンなことを知っていますか?

【気になる記事】新首相に菅義偉氏 地元横浜の商店街では選出祝う横断幕 | 菅内閣発足 | NHKニュース

今回は横断幕の効果的な使用方法についてご紹介します。

◆横断幕のおすすめの使用例

横断幕は横型で設置や収納がしやすく、店頭やイベントでの使用にもおすすめです。

例えば横断幕をオシャレにデザインし、美容院やカフェの店頭の空きスペースに設置すると利用者への視認性がアップします。

また、期間限定の商品販売など、一定の期間だけ宣伝や販促をしたいときも横断幕は大活躍。

催事や直売所などに設置して有効活用しましょう。

◆横断幕のおすすめの加工方法

スペースや環境によって横断幕に加工をプラスすると、より効率的に設置することができます。

横断幕の四隅にハトメ加工をすれば、ロープを通しての設置が可能に。

高いところなどに掲げたいときにおすすめです。

ポールを通したい場合は棒状袋縫加工がおすすめですが、これは横断幕より縦型の懸賞幕におすすめの加工法となります。

◆設置場所に合わせたおすすめの生地

屋内で横断幕を使用する場合は、軽くて収納に便利なトロマット生地がおすすめです。

外のイベントなどには耐久性の高いターポリン生地が向いています。

外でも出したりしまったりする機会が多い横断幕は、ターポリンよりも軽くて持ち運びのしやすいメッシュターポリンを選んでもよいでしょう。

横断幕は設置場所やイベント内容に合わせて生地や加工方法を選び、看板効果を存分に発揮できるようにしましょう。